通信簿 ~「お約束」はどうなった?!~

1期目の実績はこちらからご覧ください。

子育て・教育
項目 評価 達成状況
就学前施設 新しい保育所の誘致 私立保育所5ヶ所(※2ヶ所は予定)がオープン
認定こども園の推進 「伊丹市立神津こども園」がオープン。私立も3園がこども園に
親子スペース むっくむっくルームの拡充 8ヶ所目が開設。中学校区1ヶ所という目標達成
親子サークルの充実 保護者仲間と立ち上げた3サークルを継続中
学力向上 習熟度別学習の検討 10校の小中学校で実施。状況を鑑み拡充するとの答弁あり
オリジナル補習の推進 全ての小中学校で土曜学習開始
発達障がい児支援 特別支援人員の拡充 市相談員は増加するも、各校の人員拡充には至らず
発達支援センターの設置 障がい児の総合支援センターとしてH28年4月に開設予定!
虐待防止 相談窓口の充実 窓口ふくめ、防止キャンペーンや学校園との連携など質的に充実
支援員の拡充 大幅増員はないものの、増加する通報件数にはきめ細かく対応
福祉
項目 評価 達成状況
高齢者住居 高齢者住宅等の誘致 行政主導の誘致ではないものの、市内に増加中
グループホームの充実 この4ヵ年で4ヶ所がオープン。今後も計画中。
孤立死防止 対応マニュアルの作成 現在作成中。H27年度に完成予定
発見システムの構築 民間事業所(新聞配達・ガス会社等)との連携継続中
ボランティア ボランティアセンターの拡充 4年間で2小学校区が設置し、現在10小学校区に。
コーディネートの工夫 ボランティアセンターを中心に推進中
障がい者雇用 企業への呼びかけ ハローワークとの連携を通して法定採用数の確保を推進
行政での採用 一般的就労は法定数以上が就労。福祉的就労は工賃アップキャンペーンを実施。
ワークライフバランス 講座の開催 各施設などが独自で実施。今後は主体的に進めたい
優良企業のバックアップ 「男女共同参画推進事業所表彰」としてこれまで8企業を表彰
まちづくり・住民自治
項目 評価 達成状況
市民イベント 市民主催イベントの支援 中心市街地を中心に、市民主催イベントが充実
市民事業の誘致 市民から希望のあった講座を開催
広報 メディアのフル活用 SNS(フェイスブック・ツイッターなど)の運用開始
「いたみん」の活性化 × 運営は民営化。任せっぱなしで活性化に寄与できず
市民参画 政策検討の場への市民参画 当事者の意見を反映させる事例は増加。
計画進捗の市民チェック 総合計画をはじめ各種計画のチェック委員会が発足
域活性化 地域の特色づくり 各地域が経費の使い道を決定する地域提案制度を導入
補助金などの一本化 補助金によっては申請書類を一括化。一括交付金は来年度以降で取組予定
医療・危機管理
項目 評価 達成状況
市立伊丹病院 改革プランのチェック プラン通り黒字化達成
特色づくりの支援 ガン診療連携拠点病院に。周産期医療でも拠点病院へ
健康づくり 予防事業の推進 健康体操の拡充、健康遊具の設置など幅広く実施
AEDの利活用 提案していた「イベント時のAEDレンタル
防災 助け合いシステムの徹底 要援護者システムの改善を図るも現状維持
福祉避難所の拡充 1ヶ所増加し、現在市内6ヶ所に
財政
項目 評価 達成状況
歳入アップ 税等の徴収率アップ 諸施策の実施により徴収率が県下NO1(H25年度決算)
広告料収入の推進 小規模な導入はあったものの、大規模な推進には至らず
歳出ダウン 事業の見直し 当時流行の「事業仕分け」は未実施も、毎議会で厳しくチェック
市民意見反映の場 行財政審議会を設け、財政の新計画を検討中
情報公開 広報紙でのPR 広報紙での財政特集は分かりやすく工夫。PR冊子やDVDも作成
ホームページ公開の工夫 情報は原則全て公開。分かりやすさを追求

さらにこんなことも実現

実現項目

これらをお伝えするために